2010年03月18日

トラックは約43キロで交差点に突っ込んだ… 秋葉原殺傷(産経新聞)

【法廷ライブ 秋葉原殺傷 第5回公判】(15)完

 《秋葉原の事件現場交差点に突っ込んだ加藤智大(ともひろ)被告(27)が運転するトラックの画像を解析した警察庁技官への証人尋問。検察官が画像解析の具体的な方法について、質問を続けている。被告席の加藤被告は身動きせず、じっと前を見つめている》

  [図解] 秋葉原駅前 事件現場の見取り図

 《交差点近くの防犯カメラに残された2枚のトラックの静止画像。技官は、この2枚が0・8秒間隔で撮影されたと説明した。画像に残された時刻の記録は、12時33分8秒と、同分9秒で、1秒間隔になっているため検察官は、理由を確認する》

 検察官「時刻の表示は1秒間隔となっていますが、単にコンマ以下が表示されないからということですか」

 証人「そうです」

 《次に検察官は技官に具体的な解析方法の説明を求めた。技官は、「2枚の画像からトラックの移動位置を確認し、移動距離を計測した」という内容の説明をする》

 検察官「結果は」

 証人「9・52メートルでした」

 検察官「そこからどのように速度は測定されるのですか」

 証人「0・8秒間の間に9・52メートル進んだことになります。これを時速に換算し平均時速約43キロと計測しました」

 検察官「『約』とは」

 証人「小数点以下を四捨五入しました」

 《ただ、技官はその計測をコンピューターで確認したところ、誤差が生じていることも付け加えた》

 検察官「その誤差は平均時速約43キロという結果に影響しますか」

 証人「『約』の部分に含まれると思います」

 検察官「影響はないということですか」

 証人「はい」

 検察官「鑑定の結果、トラックの平均時速は約43キロと判明したということですね」

 証人「はい、そうです」

 《続いて、弁護側の尋問に移る》

 弁護人「今回の(防犯カメラの)記録装置と同じメーカーの同じ型番で鑑定した経験は過去にありますか」

 証人「それはありません」

 弁護人「トラックが写っているコマは2つで、その撮影間隔は0・8秒ですね」

 証人「はい」

 《技官は撮影間隔が0・8秒と推定できる理由を細かく説明した》

 弁護人「(記録)装置の設定から0・8秒間隔と考えたということですね」

 証人「はい」

 弁護人「次のコマから次のコマまでの時間を実際に計測したわけではないですね」

 証人「はい、行っていません」

 弁護人「実際、記録に誤差があったかどうか確認されているわけではないんですか」

 証人「…はい」

 《この後も、トラックが写っている2コマの写真の撮影間隔を確認する質問が数問続き、証人は検察側に行った説明を繰り返した》

 弁護人「鑑定結果がずれていないか検証したとのことですが、カメラ自体は向きを変えたりできるものですか」

 証人「覚えていません」

 弁護人「事件後検証されるまで、装置が動いたりしたことなど、気づいたことはありませんか」

 証人「ないです」

 《弁護側の尋問が終わった。裁判官がほかに質問がないか確認すると、検察官が「1点だけ」と質問に立った》

 検察官「装置に不具合があった記憶はありましたか」

 証人「3人で確認しましたが、そうしたことは感じられませんでした」

 《再び、弁護人が質問に立ち上がった》

 弁護人「それは装置の設定を確認しただけではないのですか」

 証人「はい、まぁそうです」

 《目の前で交わされる弁護人と検察官の応酬にも、加藤被告の無表情は変わらなかった。証人尋問の終了を告げる村山浩昭裁判長。その後、検察側は、技官ら3人が鑑定したトラックのスピードについての証拠書類を提出した》

 検察官「(証拠は)防犯カメラの映像をもとに、トラックの時速について約43キロメートルと算出したものです」

 裁判長「以上をもちまして、本日の証拠調べを終了します。次回は、3月15日午後1時30分に開廷します。証人尋問3人を予定しております。被告人は必ず出廷するように」

 《裁判長の方に顔を向けていた加藤被告は、声をかけられると小さくうなずいた》

 裁判長「それでは、被告人から退廷してください」

 《時計の針は午後4時47分をさしている。おもむろに立ち上がった加藤被告は、ドアに向かう途中で傍聴席を振り返り深々と一礼した。加藤被告は、再び姿勢を戻すと、無表情のまま、ゆっくりとした足取りで法廷を後にした》

 =(完)

【関連記事】
(14)「トラックは2コマ記録」防犯カメラ解析の警察庁技官が証言 秋葉原殺傷第5回公判ライブ
被害者に証人尋問 「秋葉原殺傷 第4回公判」特集
目撃者が事件再現 「秋葉原殺傷 第3回公判」特集
犯人と呼ぶ弁護人 「秋葉原殺傷 第2回公判」特集
謝罪するネ申 「秋葉原殺傷 初公判」特集

B型肝炎訴訟で全国初の和解勧告…札幌地裁(読売新聞)
北野監督「まさに夢のよう」 仏最高勲章を受章(産経新聞)
栗山元次官、密約「引き継ぎ書」存在認める(読売新聞)
アメフト東海氏の妻が自民から参院選出馬へ!蓮舫氏と激突(スポーツ報知)
司法判断で適切対応=シー・シェパード問題で−平野官房長官(時事通信)
posted by カナザワ コウイチ at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

<覚せい剤所持容疑>「JAYWALK」のボーカリスト逮捕(毎日新聞)

 東京都港区で覚せい剤を所持していたとして、バンド「JAYWALK」のボーカリスト、中村耕一容疑者(59)が9日未明、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁麻布署に現行犯逮捕されていたことが分かった。麻布署は使用の有無や入手先を捜査している。

【近年の活動】インタビュー:JAYWALKボーカルに聞く(08年3月)

 逮捕容疑は、9日午前1時50分ごろ、港区西麻布2で覚せい剤若干量を所持したとしている。麻布署によると、容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、中村容疑者は同日午前0時半ごろ、西麻布の国道246号に止めた乗用車内に1人でいた際、職務質問を受けた。助手席の足元にあった小物入れの中にビニール袋二つに小分けした覚せい剤が見つかった。中村容疑者は、小物入れの中を見ようとした警察官に「恥ずかしいものが入っているから駄目だ」と拒み、ビニール袋を発見された際は「歯医者からもらった薬」と説明したという。

 JAYWALKは1980年に結成され、91年に発売した「何も言えなくて……夏」がミリオンセラーになった。【町田徳丈、山本太一】

【関連ニュース】
【近年の活動】東京タワー・ツリー点灯式:JAYWALKがミニライブ(07年)
【近年の活動】JAYWALKが登場したゴールドディスク大賞授賞式(08年)
【元・光GENJI】赤坂晃被告:覚せい剤再入手の理由は“新宿のせい”
【覚せい剤密輸摘発は過去最多】大麻も過去最多…栽培が増加、罪悪感希薄か

小林千代美議員、地検が参考人聴取へ(読売新聞)
【二〇三〇年】第5部 日本はありますか(3)増える“日本人”(産経新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)
清水氏、みんなの党で出馬(産経新聞)
官邸に情報連絡室設置=政府(時事通信)
posted by カナザワ コウイチ at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<殺人未遂>男性刺され重傷、口論の男逃走 東京・渋谷(毎日新聞)

 15日午前4時55分ごろ、東京都渋谷区宇田川町の路上で男性が刺されたと通行人から119番があった。男性は31歳の介護士で、首の左側をはさみで刺され重傷。警視庁渋谷署は殺人未遂容疑で、直前まで男性と言い争いをしていた20代の男の行方を追っている。

 同署によると、男性は友人らと渋谷区内のクラブで飲食中に、別のグループの男と言い争いになった。クラブから出たところ、突然はさみで首を刺されたという。路上に血の付いたはさみが落ちていた。【神澤龍二】

【関連ニュース】
殺人未遂:スーパーで女性刺した被告に実刑判決 神戸地裁
インスリン事件:24歳看護師逮捕 京大病院の担当者
横浜3人重軽傷:拳銃発砲後自殺の元組幹部書類送検
殺人未遂容疑:1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦
放火:男が油まき住宅全焼 夫婦重傷 京都

奈良県警、健診データ捜査 男児餓死 育児放棄期間特定へ (産経新聞)
工場火災 東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)
福岡高裁は「違憲」と判断 「一票の格差」訴訟(産経新聞)
小型ヘリ墜落、社長ら不起訴=「乗客操縦の証拠ない」−大阪地検支部(時事通信)
<前原国交相>「政治とカネが一番大きい」 支持率低下原因(毎日新聞)
posted by カナザワ コウイチ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。