2010年05月22日

毎日書道展 鑑別審査始まる 総出品数は3万点余(毎日新聞)

 第62回毎日書道展(主催・毎日新聞社、財団法人毎日書道会)の鑑別審査が21日朝から、東京都港区六本木の国立新美術館で始まった。

 搬入受付時の総出品数は3万1892点。昨年を114点下回ったが、過去3番目の多さだった。審査は漢字1類、同2類、かな1類、同2類、近代詩文書、大字書、前衛書、篆刻(てんこく)、刻字の9部門に分かれて行われる。

 審査の結果、文部科学大臣賞、会員賞、毎日賞、秀作賞、佳作賞、U23(18歳以上23歳以下)の毎日賞、新鋭賞、奨励賞が選ばれる。

 第62回毎日書道展東京展は国立新美術館(前期展1期7月7〜12日▽同2期同14〜19日▽後期展1期同21〜26日▽同2期同28日〜8月1日)で開かれる。また、特別展示として7月7日〜8月1日、同館で生誕110年記念「松井如流 書・学一如の生涯」が併催される。

【関連ニュース】
国展:国立新美術館に重さ21トン石彫刻 大成さん「風の地平線・蜃気楼2」 /東京
国展:耳の不自由な福生の土谷さん、木彫「錆びた鯨」初入選−−国立新美術館 /東京
石彫刻:総重量21トンの「風」 彫刻家・大成浩さん、第84回国展に出品 /神奈川

<コンビニ強盗>女性店員脅し、たばこ4箱奪う 愛知・犬山(毎日新聞)
<石神さん>「女性の願いを一つだけかなえる」 鳥羽・神明神社、女性参拝客増える(毎日新聞)
野良猫訴訟、加藤九段が控訴意向「給餌続けたい」(読売新聞)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
白い帆いっぱいに、東京開港記念を祝う(読売新聞)
posted by カナザワ コウイチ at 01:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。