2010年02月27日

寺院境内に男性遺体=二所ノ関部屋マネジャーか−大阪(時事通信)

 26日午前10時5分ごろ、大阪府茨木市別院町の東本願寺茨木別院で、「男性が首をつっている」と保育所のバス運転手から110番があった。男性は二所ノ関部屋マネジャー猪口嘉幸さん(51)とみられ、府警茨木署が自殺とみて確認を急いでいる。
 同署によると、猪口さんは寺院境内のプレハブ小屋内で、梁(はり)に首をつった状態で発見された。
 同部屋の関係者によると、猪口さんは大相撲春場所を控えて大阪を訪問。6日前からプレハブ内で練習用の土俵を作っていたという。 

“お宝”必至 限定「SUGOCA」相次ぎ登場(産経新聞)
都公立教員のわいせつ 4割は勤務先の児童、生徒被害(産経新聞)
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC(時事通信)
裁判員 重い選択 鳥取2人強盗殺人初公判 関心高く 傍聴券求め848人(産経新聞)
<アグネス・チャンさん>ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)
posted by カナザワ コウイチ at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。